ひとりさんが語る「カウンセラーとは...」




2015年11月。

まるかんの塾長の有志の皆さんが

斎藤一人さんのお弟子さんの

スピリチュアルカウンセラー

高津りえ先生が主催する

カウンセラー養成講座を受講し

多くのカウンセラーが誕生する運びとなりました。



今回シェアさせていただく

ひとりさんのお話は、その2ヶ月後...

2016年 斎藤一人 愛弟子出陣式で

お話してくださった講演の内容の一部です。






悩みの相談できる人がいないんだよね。


カウンセリング社会になってくると...

悩んでたら...


隣のおじさんとか隣のおばさんに相談しても解決しないんだよ。


ずっと愚痴の言い合いになっちゃって

傷が深くなってくるんだよね(笑)

外国行くとそういう(相談の)プロの人がいて、解決する。






お医者さん行くと今、いろいろあるじゃない?

総合病院とか? 


(まるかんでも)アレもあるコレもあるって、出来たら...

お医者さん以外の、食事の問題とか精神的な問題とかね。


お医者さんに「化粧して」って言ったって、そうはいかないじゃない?

(会場笑)


ね、だからそういうお化粧とか、外側...

それから、中のココロ、カラダ...


それが、三つとも此処へ来ると

「大丈夫」って言えるところ

そういうところに(まるかんが)なればいいなって。










ある人がね、カウンセラーになった時

嬉しいこと言ってくれたのね。


「ひとりさんって、この日のために

私たちにずっと色んなこと教えてくれてたんですね!」


うちの人たちって、色んなこと知ってるんだよね。


だから、勉強してた人は言葉が出てくる。


出てくるのは入ってたからだよ。


引き出しだって無いと出てこないんだよ。
貯金通帳だってそうだよ(笑)








あのね、オレも商人(しょうにん)だから


無駄なことは絶対させないの。








りえ先生、私のお弟子さんなんだけどね。


本当にね、(予約が)半年ぐらい待たなきゃいけないカウンセラーでね。


オレ、去年、頼みこんだの。


これ、一人でやってたって何人もできないし。


うちの人達に教えてやってくんないか?って。

(カウンセラーを育ててくれないか?)


で、やっぱしその時ね

自分のものを提供するってさ

勇気がいると思うんだよね。







鹿島神宮に行った後

猿田彦さんにお参りして...


その後オレが(再びりえ先生に)お願いしたら...


ちょうど猿田さんに押されるようにして

「わかった」「やってみよう」って。


そしたらすごい勢いで

(養成講座を受講する人が)来て!


一番最初にね、来た人がもう

300人以上(カウンセリングを)やっててって



喜ばれることってすごいよね!






それとね

いいことって、お金取んなきゃダメなんだよ。


この前すごい話を聞いたの。


(カウンセリング)20分1万円で

お金取るようになったら...


(ある人が)

「初めて真理を聞かせていただきました!」って言ったけど。


オレも同じ話ずーっとしてんだって(笑)


同じこと今まで言ってんのに

タダだと聞いてくんないんだよね。








なぜかって?


お金ってエネルギーなんだよ。


お金ってエネルギーだから

ちゃんとお金を出した時

こちらからエネルギーを出した時


それに見合った分が

必ず入ってくるんだよ。

何かを出さない限り


心の中がろくでもないことで

いっぱいになるんだよ。


だから、いっぱいのところに

(ひとりさん、右手をコップを握った形にして

注ぐジェスチャーをする)

入れても、もう入らないんだよ。


やっぱし、入る隙間を作らないと。



カウンセリングは
エネルギーの交換なんだよ。










下の写真右:

私をカウンセラーとして育ててくださった師匠

スピリチュアルカウンセラー
高津りえ先生





カウンセリングの詳細について

(料金や予約方法など)

⬇︎



まるかんのお店 坪井店

斉藤一人さんがオススメしてること当店でぜ〜んぶ叶います♡