我は神なり愛と光なり(悟りの話より)


人間って背骨があるからね、しっかり立ってられるんです。

他の動物ってあんまり、直立で歩けないんですよ。

人間だけは直立して歩けるんだけど、この、背骨がね曲がるんですよ。

具合が悪くなると背骨が曲がってくるんですね。

何番目の背骨が曲がると、胃が悪いとか、肝臓が悪くなると何番目だとか、決まりがあるんですよ。

カイロプラクティック・オステオパシーとかっていう、技法は、骨をね、調整する。俗に云うカイロってやつだね。

それをややるとね、非常に身体の具合ががよくなるんです。

酷くなってくっと、脊髄湾曲症なんて、こう曲がってきちゃったりね、いろいろあるんですけどね。

で、これがですね、奇跡的に直る方法があるんです。

誰がやっても直るんです。

それは、「我は神なり愛と光なり」って言うんです。

10回か20回言うんです。

「我は神なり愛と光なり我は神なり愛と光なり」って言うとこう、身体からサーッと力が抜けるんです。

力が抜けると、筋肉の硬直がとれると骨がまっすぐに、こうなるんです。

誰がやってもなるんです。

不思議でしょ?

「自分は神なんだ」っていうことを言うとね、身体がね、こう柔らかくなるんですよ。

ところが、自分ひとりで頑張んなきゃいけないだとか、要するに、自分にあんまりにも頼りすぎちゃって、自分が自分が、っていうのは『我』なんですよ。

我が我がの我が強くなってくると、脊髄に、まわりが出るんですよ。

だから、時々ね、「我は神なり愛と光なり」って何回か言うとね、おまじないじゃないんですけど、背骨がまっすぐになるおまじないだと思ってればいいんです。

そうやって、その事をねずーっと言うんですよね?

そうすると、そういう不思議な現象が起きるんです。

だから、誰かこう背骨の曲がった人がいたら、ちょっと言わしてみると、楽になるんです。

だから何なんだ?とかって言われると、これも困っちゃうんだけど。

そういう不思議なことがあるんです。誰がやっても出来るんです。

心地よい言葉は身体を正常にするんです、癒すんです。

癒す言葉ってあるんです。

それをね、一番身体が硬くなる、何でも頑張らなきゃ、自分の力でとか、人に頼らずに、とか。

言うとね、言えば言うほどね、身体が硬直して硬くなってくるんです。

ホントなんですよ。

治ったでしょ?(女性の人に向けて)

今まで、いくらやっても治んなかった、鍼をやっても氣をやっても……

でも、それの時って頑張らなきゃっていう気持ちが強かったの。

そんなことより、フーッと力を抜いてあげて「我は神なり愛と光なり」って言ってると、自分がもしも神だとしたら、愛と光の人間だったら、どういう生き方するんだろう?人に何を喋るんだろう?なんて考えてるうちにね、治っちゃうんです。

こんなお安い方法ないでしょ。

覚えといてくれるといいな。

それから、我が神なら、人も神なんです。

みんな大切な人間なんです。

それを些細なことで、「あの人高校中退なのよ」とか、それが何なんだっていうの。

誰でも、高校行けば偉いんじゃないの、誰でも大学行きゃあ偉いんじゃないの、みんないろいろ、事情があるの。

道路工事してる人もいるし、家つくってる人もいるの、ペンキ塗ってる人もいるの、いろんな人がいて成り立ってるのね?

それを、学校行ったらいけないって言ってるんじないんだよ?行きたい人は行ったらいいの、ホントは行きたくない人も行ってるのね。

だからね、いろんなことで差をつける、その差をつけてる人ほど、苦しいよ。

人にいちいち、差をつければつけるほど、自分がどんなに下の人間を見て差をつけたって、その人間はその差のことばっかし考えてるから、たいがい人間は下見て生きてないのよ。

自分より、上見て生きてるから、もっと学歴の高い奴、もっといい学校行った奴、もっと金持ってる奴、もっと家柄の良い奴、そんなことばっかし考えてっから、上がだんだんだんだん、重くなってくるんですよ。

重くなればなるほど、背骨に負担がかかってきちゃうの。

だから、差をとるの。差をとればいいの。

この差をとれば、すっごく幸せになれるの。

その中で、自分が真にやりたいことってなんだろう?って。

それを追求してったら、ホントに楽しいことがいっぱい起きるよ、っていう。

ことなんです。

だからこんなもん、何日間もね、座禅組むとか、飯食わないでがんばるような、そんなもんじゃないんです。

それよりも、人に優しく出来る気持ちがあれば、それで十分なんです。

と、いうことで悟りの話、短くてすいません。

終わりま~す。




まるかんのお店 坪井店

斉藤一人さんがオススメしてること当店でぜ〜んぶ叶います♡