玉龍(ぎょくりゅう)





ひとりさん八大龍王水晶を達成された
特約店さん、愛弟子さん(お客様)のことを

『玉龍』とネーミングして下さいました✨





当店の玉龍さん達にも、自分に合った奇跡が次々と起こってます✨


「ひとりさんって本当に〝愛と光〟を授けて下さるよね〜」って会うたび体験談をお福分けし合いっこしています✨


玉龍様たちって🐉

「ひとりさんと一緒に神さまのお手伝いをしたい!」という想いが強い人達。


そして、神ごとをするためには

心と身体を整えないと霊に負けちゃうことも学んでるから


まずは自分の身体の調子を良くしようと

せっせとカラダを整えることに余念がありませんw




現在、玉龍様を目指してる皆さんも

楽しく九字を覚えて霊助けしながら

ゆっくりでも自分の身体の調子を良くしてやっていると


ポイントが貯まって八大龍王水晶を授かる頃には


〝完璧な状態〟で九字を切って

ひとりさんと仲間達と友に、神様のお手伝いができます✨



「神ごとをやっていると、運勢が良くなる」


ひとりさんの教えに出逢ってから

これは本当に、わたくし個人的にもうそれはそれはビシバシと感じております✨


もっともっと豊かで健康で美しくなりま〜す!










玉龍さまへ

ビックニュースです!

令和2年8月から

ひとりさんの波動入れがスタートします!




詳しくは、下の投稿をポチっと

⬇︎




純社長から聞いた いい話。

〜ひとりさんの神ごとをする時のポイント〜


ちょうど〝ひとりさんカミバランスクリーム〟で 徳積みゲームを皆でやってた頃に教えていただいた話です。


「カミバランスクリーム、ホント神的だよね✨
みんなこの神的な部分を楽しんじゃって下さいね〜
なんで⁈
なんで⁈
とあまり詮索しないように!
たまに居るでしょ、…なんで⁈どうして⁈っていう人(笑)


神事は“せんさく”するより“楽しむ事”
これが良くなる秘訣ですからねす✨


神事ですから不思議な事が起きて当たり前(笑)


喜び多き事が起きて当たり前くらいに思ってると良いですよ〜〜


それにしても素晴らしい報告だらけで…
なんで⁈どーして⁈
って聴きたくなるよね(爆笑)


神様とひとりさんに心から感謝ですよね」







柴村恵美子社長

Facebookの投稿より



「人間の3つのタイプ」

ひとりさんが教えてくれた3つのタイプ、金神(こんじん)系、日神(にっしん)系、龍神(りゅうじん)系。


金神系というのは、徳川家康が辛抱強く土を踏んでいるうちに、土が黄金に変わったという説のように、ひとつの場所で踏まれて踏まれて金に変わる人。


日神系は勉強熱心で学者に多い、理論先行型の人。


そして龍神系というのは水のごとく流れてスイスイと困難を切り抜けて行ってしまうアイディアマン。


ひとりさんも私も龍神系で、こもって仕事をするよりも、現場に行って最前線で仕事を動かすのが好きです。


いつも全国を回っていて大変ですねと言われますが、けっこう好きでやっています(笑)


どのタイプがいいとか悪いはなく、それぞれの生き方がありますから、大事なのはお互いに変えようとしてはいけないということです。


とにかく与えられた環境でがんばる。


そして3つが一緒になってひとつのことをしたとき、ものすごいことが起きるそうです。







斎藤一人・舛岡はなゑ著
『斎藤一人
龍が味方する生き方』


出版社:マキノ出版

価格:1,400円+税

書店発売日:3月9日

最強運になる

「ミニ龍旗」カード付き



Amazon

内容紹介ページより抜粋



「昔から、龍神様に守られている人は強運だと言われています。

龍神様が味方した人は、普通の人にはできないようなことを成し遂げる。

実際に、龍神様にかわいがられたことで成功した人はなん人もいて、一人さんもそのひとりです。

しかも、私の場合は、成功のさらに上をいく<大成功>を遂げました。

その大成功は今も続いているし、私はこれ以上ないってくらい幸せなんです。

なぜ、一人さんはこれほど豊かで幸せになれたのか。

龍神様に愛され、味方してもらえる秘訣を、本書でみなさんに初めて明かしますね」

(斎藤一人)








ひとりさん直伝の
『龍王九字』について








ひとりさんが

以前、こんなお話しをして下さったことがあります。



「神さまのお手伝いをするために
選ばれる人っているんだよね。
それには3つの条件がいるんだよ」




ひとつめ...

「自分を大切にする人」

自分のことを愛して、自分の気持ちが満たされている人。

サプリメントを飲んだり、体にいいものを食べたり、適度な運動をして自分の体と心を大切にしている人。



ふたつめ...

「自分の家を安心して開けられる人」

「自分の会社を安心してまかせられる人」

お家に病人がいる人はまず、その病人を助けなくてはなりませんよね。

それから会社を経営している人などは

スタッフの人や部下の人が

「任せておいてください!○○さんがいなくても僕たちがしっかり守りますから」

と言ってくれるような環境や信頼関係を作っておくことが大切。



みっつめ...

「経済的に、すでに豊かであること」

自分が現在、経済的に困っているのなら、まずは「自分助け」をすること。

(=自分が稼げるようなしくみをしっかりつくること)











自分がいるところが
パワースポット
明るく志して
顔晴ってます🤗



まるかん坪井店
玉龍ピカ塾長






まるかんのお店 坪井店

斉藤一人さんがオススメしてること当店でぜ〜んぶ叶います♡