困ったことは起こらないの話




ホントに困ったことって起きないんです。

たまに困ってる人がいるんですけど、

困ってるんじゃないんです。

学んでるんです。

人間っていうのは、本当に、困んないと、学ばないんです。

だから、困ってから学んでも遅くないんです。

親は子供のに困らせたくないから、あれも覚えなさい、これも覚えなさい

っていうけど、

本当は、困ってから学んでも遅くないんです。

人は個性がいっぱいあるから、何に困るかわからない。

だから困ってから……、

たとえば、落ちぶれたときにはじめて

お金のありがみが、わかるんです。

お金のありがたみを、いくら親が教ても、わからないんです。

「お金より友情の方が大切だ」とかって、いう人いるんだけど、

別にお金があったって友情は出来るんだよね?

私も、学校の先生がね、

「斎藤お前、英語ぐらい出来ないと困るぞ」つったけど、

私、未だに困ってないから、英語は勉強しないんです。

ただ、ガイジンの彼女でもできたらぁ、それはまた……(笑)

人間困ればねぇ、

話が通じなければ困るから、なんか勉強しますよね?

人間っていうのは、

困ってるって思うと、相手がかわいそうですから、

あ、この人はいま一生懸命学んでるんだな

って、そういふうに見てあげて欲しいんです。

それで、ま、こんな話は、チョッと過激な話なんだけど、

よく、あの……

なんてのかな、家庭内暴力というか、

親をひっぱたいちゃうような、子供がいるんだけど、

たいがい、そういう人に聞くと、

「あの子は小ちゃいときアトピーだったのよ」とか「喘息だったのよ」とかって言うけど、

ゼンソクだったら親のことひっぱたいてもいいんですか?

ってことになっちゃうんだよね?

いいわけがないんだよね。

それなのに、

「あの子はアトピーだったから」とか言って、

平気で、殴られてる人っていうのは

そんなに辛くないんです。

ほんとに辛かったら出てっちゃうんです。

出てっちゃえば、ホントはいいんです。

出てっちゃうと、

子供だって、ご飯食べさせてもらって、家、住まわしてもらって…

親、いなくなっちゃたら、ご飯食わしてくれる人いないし、

ぶん殴る相手だっていないでしょ?

ムカつくからって隣のおじさんとかお母さん殴ると、

逮捕されちゃうんんですよ?

そんな当たり前のことが、

わかる。

やっぱし人間っていうのは、学ばなきゃしょうがないんだよね。

って、いうことなの。

だから、お金に困っている人みたら、

『今、お金のことを学んでいるんだ』

って、いうふうにとってもらいたいな、っていう話なのね。

で、これは1の話の半分だからね。(00:11:30)

で、1の話の残り半分。


これは何ですかっていったとき、

このことだけみんな覚えといたら、

もしこのことを世界中がわかったら、

世界中が、平和になっちゃう。

それは何ですか?っていたっとき、

自分はどうも、人間関係がうまくいってないなぁ、

それから、健康がいまいちだな、っていう人がいたら、

どこかで、

人の機嫌をとってませんか?

って。

いいですか?

私の隣に機嫌の悪いひとがいます。

そうすると、

「どうしたの?なんかあったの?」

機嫌とっちゃ、ダメですよ。

あちらはあちらの都合で、機嫌が悪いんです。

こちらはこちらの都合で、機嫌がいいんです。

わかりますか?

隣がどんなにブスっとしてても、

自分の機嫌をとるんです。

で、自分だけニコニコしてるんです。

機嫌の悪い奴は、ワル(悪)なんです。

正しい人は、ワルに合わしちゃいけないんです。

あくまでも、自分が、幸せだねとかハッピーだね、ツイてるね。

だからいつも、ツイてるって言ってな、って。

ツイてるとは、自分の気持ちをハッピーにすること。

英語が多くて聞きづらいとおもうんだけど(笑)

気持ちをハッピーにする言葉なんですよね?

それを、相手の機嫌をとると、

いつまでも機嫌がなおらないと、自分まで機嫌が悪くなってくる。

分かりますか?

自分の機嫌もとれないような奴はロクなもんじゃないんです。

それを、我々は…

とくに、精神的な勉強が好きなよう人って、

ついつい、相手の機嫌とってあげちゃうの。

だけど、機嫌が悪いなんつうのはね、

嵐とおんなじ、一過性なの。

嵐なんか、ナンボ吹いたからって、

日本が飛ばされたとか、

月がなくなったとか、

そんなのないの。

ほっときゃいいの。

いつもにこにこしてるの。

「いやぁ、家に行くと女房の具合が悪くてサ」

って、女房は女房の都合で、具合が悪いの(笑)

ね?

オマエは元気で具合悪くしてろよ。

俺は明るくがんばるからな。

って。(笑いと拍手)

常に機嫌のよい人が、この世の中リードして、

あくまでも、自分の機嫌を崩さないと、

周りがこっちの方に合わしててくるんです。

正しい方が、悪に合しちゃいけないの。

わかった?

人の機嫌をとるんじゃないよ?

自分の機嫌をとるの。

もう、ぶすっとしてる、もう如実に、

こう顔に、なんかイヤなことあると顔にすぐ表すやつがいるの。

相手の都合だからね。

どうでもいいの。

10日でも二十日でもぶすっとしてればいいの。

こっちはね、ずーっとこっちの都合でニコニコしてる。

ね?

だからそのために、

ツイてるツイてるとかって言葉を言わないとダメなの。

なまじ同情してね、チョットかまってあげるとね、

抱き癖のついたグズついた子どもとおんなじように、

大人になってもね、ぶすっとすりゃ、かまってもらえるって思ってんの。

そういうのは、会社で一番下で働いてりゃいんだよ。

それが、間違って出世しちゃったりなんかして。

もう、社長なんかになっちゃった日にゃね、

どのぐらい人が迷惑すっかわかんなからね?(笑)

わかったかい?

だから、社長が機が嫌悪かろうが、部長が機嫌が悪かろうが、

自分だけはニコニコしてるんだよ?

で、自分の都合をとるの。

で、戦争する人、人殺しする人、

機嫌のいいひと一人もいないんだよ?

おおよそね、犯罪起こす人でもなんでもそうなの。

イライラしてんの。

でね、自分で自分の機嫌もとれないような奴は、

失格ですね。

ということで、みんな。

ツイてるツイてる、って、あ、そういう意味なんだ。

オッケーですね?

で、ここまでの話は、

『ツイてる』って本に、入れてあるのね。

で、続きがあるの。

聴かなきゃよかった、っつうくらい、いい話で(笑)



まるかんのお店 坪井店

斉藤一人さんがオススメしてること当店でぜ〜んぶ叶います♡