観音様によばれる人



観音参りには呼ばれた人が行くんだよ。

観音さまってのは、草でも木でもみんな救うんだよ。

救うってのは、誰が救うんですか?

人がいないと神様は表現が出来ない。

観音参りしてる人の中で、すがってく人間と呼ばれてく人間がいるんだよ。

だから、うちは呼ばれないやつはいけないよ。

俺たちの仲間は呼ばれないやつは行けないんだ。

で、「呼ばれて行く」ってどういうことですか?

呼ばれて行くっていうのは神様の役に立つんだよ。

普通の人間は厄を落としに行くんだよ。

俺たちは「役に立ち」にいくんだよ。

役立つ人間って何ですか?と言うと

世間に戻ってきてもニコニコしているんだよ。

ブスっとして「ついてないんですよ」って言っている人がいたら、「そんなことないよ、ついているじゃないか」って教えてあげるのが天命なんだよ。

観音様の役に立つ。

役に立つために呼ばれて行く。

役に立つぐらいだから、こっちが言ったことくらい直ぐに叶えてくれる。

だから、すがって行っていんじゃないんだ。

この前もある人が両目が悪くなったから観音参りに行ったけど、俺たちは元気なうちから行ってんだよ。

幸せなうちから行ってるんだよ。

観音参りってなんですか?って

すがりに行く所だなんて一回も言ったことがないの。

観音参りは元気じゃないと行けない。

お金がなきゃ行けない。

暇もあって、お金もあって、体も健康、家も空けられ

なきゃ行けないんだよ。

全部が揃った人だけが行けるんだよ。

それだけで幸せなの。

通りかかった人が「大丈夫ですか?」って助けてくれた。

あの人こそ観音様の化身だ。

化身が出たわけでなく、そういう心優しい人がいたんだよ。

観音様のお役に立つ人がいたの。

観音様の話をしているけど、キリストでもマホメッドでもどこの誰でも同じなんですよ。

呼ばれて行ってお役に立った人がいるんです。

そのお役に立つ。

だから俺たち、呼ばれないといけないよ。

すがる気になりゃ行ける、厄除けなら誰でも行けるんだよ。

俺たちは、厄除けに行ってんじゃないの。

少しでもお役にたつことありませんか?

といって出かけてるんです。

結果は神様が出してくれると信じている。

天と約束してきたことはそういうことなんです。

だから、天のお役に立ちますよって出てきたのに
ずーっと立たないから、厄年ていうのがあってひどい目にあうんだよ。

ちゃんと、お役に立っているやつは厄年になると
急に跳ねて仕事でもなんでも伸びちゃうの。

厄年っていうのは、お役に立ってるか立っていないのかが分かる年なの。

俺たちは、仕事が成功した、なにが成功したって、天に帰るわけに行かないの。

天に帰る時ってのは
今までブスってしてたけど少しはニコッと笑えるようになりました。

困っている人がいると、元気出せよとか言えるような人間になりました。

少しは愛情を与えられるようになって、帰ってきました。

成功とは、そんなもの。

土地を何千坪もちましたとか、そんなものは向こうじゃ通らないんだって。

それよりも、年寄りに「おばあちゃん元気だね」って。

前世では傲慢な人間だった自分が「おばあちゃん元気で働いてるね」とか優しいことが言えるようになりました。

これが、成功者っていうの。

今、一生懸命やっているけど

自分の仕事の成功で成功者って思ってないの。

完璧にできないから、やり直しで来てるんです。

ただ、一生懸命やろうとしてるの。

人に対して、少しでも笑顔を見せて、愛のあることばをしゃべる。

一年前に比べたら少しは出来てる。

10年前とか5年前とか、穴があったら入りたいぐらい恥ずかしい。

でも今は5年前よりはいくらかマシになってるんです。

だからあと何年か生きて、もう少しマシになって故郷へ帰るんです。

これが私の夢です。

どうも、ありがとう。










観音様つながり

一人さんのお話


まるかんのお店 坪井店

斉藤一人さんがオススメしてること当店でぜ〜んぶ叶います♡